名古屋で泌尿器科に相談をした理由

泌尿器科の診察の必要性を考え名古屋の泌尿器科へ

泌尿器科の診察の必要性を考え名古屋の泌尿器科へ : 事前に自分の症状から病気を考え医師に診察を求めた : 医師の診察の結果薬を処方してもらうことに

泌尿器科を利用しようとする場合、そこには逼迫した問題があるのが一般的です。
男性のための診療科目と言う印象を持っている人もいますが、泌尿器は女性にもあるものですから実際には男女両方が利用する病院となっています。
しかしながら男性でもそこに行くのには躊躇するくらいですから、女性の場合にはなおのこと勇気が必要なものかもしれません。
私の行った名古屋の泌尿器科では女性医師が対応する女性の外来日と言うものが設定されていました。
私は男性なのでそこまでの配慮は必要ありませんでしたが、それでもなんとなく恥ずかしさを感じたものです。
一般の病院では医師の診察の前に血圧を測ることが多いですが、こちらでは尿を取りました。
検尿のコップに入れるお馴染みの方法ではなく、プラスチックケースの中にそれなりの量を入れるように指示を受けました。
泌尿器科においてはこの検尿が血圧測定にあたる対応になるようで、本人が気がついていないような様々な症状についても調べてもらうことができます。
すべての泌尿器科がそうであるか分かりませんが、私がお世話になった病院ではこのような対応してくれていました。
尿の検査方にも様々なものがありますが、診察の際にすぐにわかる結果については説明を受けることができたのでよかったです。