名古屋で泌尿器科に相談をした理由

事前に自分の症状から病気を考え医師に診察を求めた

泌尿器科 名古屋 : 愛知県の泌尿器科専門

私が泌尿器科を受けようと思ったのは性器の異常を感じたからでした。
できることなら病院に行きたくなかった、しかし行かなければ改善しないだろうと言う見込みを持ち、自分で調べに調べ抜いて病院に行くべきだと判断したわけです。
最近ではインターネットの発達により多くの情報が公開されていますので、本気で調べれば自分の症状が何であるのかをある程度推測することも可能です。
全国の専門家は写真付きで様々な症状の説明をしてくれていますので、自分で調べる努力を惜しまなければある程度原因が分かります。
その上で病院にいくしかないと言う判断をしたのは、病院処方でしか手に入れることができない薬が必要であると判断したからです。

旦那と付き合ってから丸五年。
旦那以外との性交渉なし。
旦那も怪しさゼロ。
土日はずっと一緒にいるし、仕事からも早く帰ってくる。
1年前くらいに、かゆみがあり泌尿器科で性病検査した旦那は全ての項目で陰性。
診断書も全部見た。
なのになぜクラミジア???謎すぎ😭😭😭

— シマ:1人目妊活中 (@0LLnxXxkCupgYKI) April 22, 2020
私はこのような過程を経てから病院に行きましたので、医師の診察の際には本題に最初から入ることができました。
自分はこの症状をこれであると考えているが、先生の判断をお伺いしたいと言う感じで相談をしました。
本当に自分の病気について不安を感じた場合には、徹底的に調べることになるでしょう。
そのような準備をしてから病院に行く人ばかりではないと思いますが、私の場合は恥ずかしかったのでできるだけ率直に問題を解決したかったのです。
しかしながら意思は診察の際に、自分の目で見て確認をすることを欠かすことができません。

泌尿器科の診察の必要性を考え名古屋の泌尿器科へ : 事前に自分の症状から病気を考え医師に診察を求めた : 医師の診察の結果薬を処方してもらうことに